« モバイル大変革時代のケータイ通販ビジネス(柿尾正之,片岡俊行,両国さくら,田中裕子) | トップページ | うなうな »

2008年3月30日 (日)

燻し銀河@銀河劇場

場所は天王洲、銀河劇場に行ってきました。お目当ては「燻し銀河」という、以前カムカムミニキーナで上演された作品です。

あんまり言うのも気が引けますが、ここ何度か見ているカムカム作品はどれもパッとしない。最盛期の学生のノリが一番ウケていたころは、やっぱりそれなりの規模でそれなりの場所で公演を打っていたと思うと、今は歳も取ったし劇場もいい場所使うから、半分カラ回りなんじゃないかと思うような強引な勢いで流れを持っていくスタイルとはミスマッチになっている感じが否めない。

とはいえ、そんなにファンでもないのに、なぜか見続けていたりする理由はただひとつ。なんだか嫌いになれないんです。人懐っこいあのスタイルが。

私は一番安い席で観ていましたが、回りの席はガラガラ!ヤバイよ赤字だ。客の入りなんて、彼らが一番良くわかっているはずなのに、チケットを安めに設定して頑張って売っている。今日なんて、ロビーに出たら藤田記子さんが次回公演のチケットを手売りしてます。幕が下りて1分も経ってないんじゃないんかい。清水宏さんも出口でチラシを自分で配っている。そりゃ嬉しいけど、銀河劇場にそのスタイルは合わないよ。わかっててもやっちゃう。そんな彼らが嫌いになれないんです。たまに元気にやってるかが気になるんです。田舎で盆と正月しか会えない孫を楽しみにする気分に近いかな。

あんまり詳しくないですが、福田転球さんと清水宏さんを同じステージで見るのって、すき焼きと焼肉を一緒に食べる感じになるんじゃないかと恐れていました。どっちもヒトリで持っていけるキャラですよね。実際見てみたら、これがそうでもなくて。カムカムの公演はキャラ立ちする人が大量に出たほうが面白いんでしょう。思ったよりアッサリ観られました。あいかわらず体を張っている藤田記子さんと松村武さん。嫌いになれないですなあ。キャストの順からすると遠山景織子さんの出番が少ない気がしました。もっといじればいいのに。大人の事情でしょうか。もともとキレイなんだろうけど、照明も配慮されていてすごくキレイでした。杏さゆりはまだまだ焦らず修行していけば面白そうです。短い公演だから、ほかの役者みたいに仕上げるのが難しかったのでしょう。この先に期待。舞台装置とか照明は、シンプルなように見えて細かいところまで気が利いていました。ステージの広さを大胆に使えていて、カムカムっぽくありませんでした。かなり経験がある人か、自信がある人が担当されたのでしょう。短い公演なのに、けっこう仕込んであったと思われます。

スジナシを観てから気づきましたが、カムカムは上演時間を短めにして、後半は出演者トークに時間を使ったほうがいい。客層もそれを望んでいると思う。

« モバイル大変革時代のケータイ通販ビジネス(柿尾正之,片岡俊行,両国さくら,田中裕子) | トップページ | うなうな »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/11955766

この記事へのトラックバック一覧です: 燻し銀河@銀河劇場:

« モバイル大変革時代のケータイ通販ビジネス(柿尾正之,片岡俊行,両国さくら,田中裕子) | トップページ | うなうな »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ