« 野田秀樹の言葉が気になって | トップページ | iPhone衝撃のビジネスモデル(岡嶋 裕史) »

2008年2月12日 (火)

天然コケッコー

前から見たいと思っていたのですが、ようやく見ることができました。天然コケッコー。連ドラ主演もしてるし、どんどん売れて欲しい夏帆の単独初主演映画です。監督は「リアリズムの宿」の山下敦弘。「リアリズムの宿の」と言うのはどうなんでしょう、良いのか悪いのかわかりませんが、私は大好きなのでそう紹介したいのです。「リンダリンダリンダの」じゃなくて「リアリズムの宿の」です。脚本は渡辺あや。ジョゼの人。ここまで書いておいてなんなんですが、「○○の人」って言い方はけっこう失礼なんでしょうか。どうなんでしょう。

田舎の中学生を等身大で演じる夏帆がとてもいい。ケータイ刑事でパロディとかやったら面白そうなのに…。

ネタバレ的ですが、途中で東京に出てくるシーンがあります。ここはかなり微妙。田舎だけで終始してほしい気持ちもあるし、途中に東京が挿入されてメリハリをつけたい気もするし、身近な風景と田舎の風景のギャップをあえて見たい気もする。こういうのをサラっとやるのが山下+渡辺による作り方なんでしょう。それはそれで好きなのです。この2人の組み合わせは、理想と現実のバランス感覚がよくて、心情を表現するパワーがお互いに活かしあっている気がします。

« 野田秀樹の言葉が気になって | トップページ | iPhone衝撃のビジネスモデル(岡嶋 裕史) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/10433221

この記事へのトラックバック一覧です: 天然コケッコー:

« 野田秀樹の言葉が気になって | トップページ | iPhone衝撃のビジネスモデル(岡嶋 裕史) »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ