« 海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス (ほぼ日ブックス)(池谷裕二 糸井重里) | トップページ | 火星の倉庫(ヨーロッパ企画)@シアターサンモール »

2007年12月 3日 (月)

監視カメラが忘れたアリア(虚構の劇団)

見てきました。「監視カメラが忘れたアリア」。作・演出は鴻上尚史。場所は中野ザ・ポケット。鴻上さんの芝居が気軽に見れると思ってかけつけてみたのであります。

寝ぼけたまま行ったので、目の前に現れた鴻上さんを知り合いだと勘違いして会釈。いやあ、知り合いじゃあないってば。

内容は、役者を誰も知らないこともあって、色眼鏡なしで見ることができました。ステージで輝くというか、スター性があるとすれば、配役通りなのかもしれない。でも、安定感のようなものを感じたのは大久保綾乃さんと杉浦一輝さん。必要以上に尖がることはないけど、色をつけるべきところはつけている。トーン&マナーという見方をすれば、この二人がいいと思う。適度な存在感。一緒にいる役者たちの味まで引き出せている気もするし、セリフも自分の言葉として話せていると思う。テレビ的かもしれないけれど、ステージの上はオーディション会場ではないので、頑張ってる感じを出されると、私は少し抵抗感を持ってしまいます。ですから、大久保さんと杉浦さんがイチオシです。活躍していけばファンになっちゃうだろうな。杉浦さんはセリフも少なくて残念だったので、どこかでもっと見たいです。

せっかくなので、役者さんひとりひとりについて、ひとことコメント。

内海正考
いいひとっぽいので、打算的で嫌なやつを演じてみてほしい。「表情にメリハリが欲しい人」

大久保綾乃
丁寧な感じがするし、味もある。器が大きそう。「見ていたい人」

小沢道成
難しい役柄だった思う。たぶん人に思われるより苦労してそう。「応援してあげたい人」

小野川晶
アイドル性がありそう。嫌なヤツって役柄が合いそう。「この先が気になる人」

佐江木れいみ
求められた役柄をしっかりこなしている。「もうちょっと前に出てもいい人」

杉浦一輝
役柄的に残念な感じ。いつか2人芝居とかで見たいタイプの役者さん。「早く売れて欲しい人」

高橋奈津季
高い身長で目立つので、わかりやすい役柄に向いてそう。「自信を持って欲しい人」

三上陽永
ハマリ役がみつかると、一気に売れそう。「いつかは必ず売れそうな人」

山﨑雄介
明らかに頑張っていた。それだけで満足させてくれる。「セリフに詰まっても許される人」

渡辺芳博
ベテランな雰囲気が出ている。期待されすぎて困ってそう。「役柄が幅広そうな人」

ああ、またエラそうなことを言ってしまいました。ええい、言っちゃえ言っちゃえ!

満足度○。前売り2900円の芝居とは思えないです。とても満足できました。当日券直前WEB予約ができるらしいので、行ってみたい方は下のURLをチェックすべし。

虚構の劇団
http://www.thirdstage.com/k/

« 海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス (ほぼ日ブックス)(池谷裕二 糸井重里) | トップページ | 火星の倉庫(ヨーロッパ企画)@シアターサンモール »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/9226136

この記事へのトラックバック一覧です: 監視カメラが忘れたアリア(虚構の劇団):

« 海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス (ほぼ日ブックス)(池谷裕二 糸井重里) | トップページ | 火星の倉庫(ヨーロッパ企画)@シアターサンモール »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ