« ジャパン・プレゼンテーション―世界に伝わる広告表現スキル(杉山恒太郎) | トップページ | 監視カメラが忘れたアリア(虚構の劇団) »

2007年11月26日 (月)

海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス (ほぼ日ブックス)(池谷裕二 糸井重里)

海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス (ほぼ日ブックス)
池谷裕二 糸井重里

買ったきっかけ:
勧められるがままに、借りました。
脳を研究している人と糸井重里が対談している本です。

感想:
つい揚げ足を取ってしまおうと思うのが、私の悪いところです。脳は疲れないと言うタイトルなのに、よく読むと脳が活性化しなくなる状態があると言っているので、たぶんそれが疲れている状態と言っていいのではないでしょうか。
ああ、とても満足した本なのに。こんなことを書いてしまう!!
人の生理的なことを考えながら、人生観までつなげていってしまうという、素敵な本です。歳をとっても、いつまでも脳は元気なんだとか。三十路前に読むと、元気になれます。三十歳から脳はすごく良くなってくるそうです。

おすすめポイント:
糸井重里さんの合いの手を入れる方法を学ぶことができます。見習うべし。

« ジャパン・プレゼンテーション―世界に伝わる広告表現スキル(杉山恒太郎) | トップページ | 監視カメラが忘れたアリア(虚構の劇団) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/9104010

この記事へのトラックバック一覧です: 海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス (ほぼ日ブックス)(池谷裕二 糸井重里):

« ジャパン・プレゼンテーション―世界に伝わる広告表現スキル(杉山恒太郎) | トップページ | 監視カメラが忘れたアリア(虚構の劇団) »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ