« 短編小説のレシピ(阿刀田高) | トップページ | ジャパン・プレゼンテーション―世界に伝わる広告表現スキル(杉山恒太郎) »

2007年11月 6日 (火)

必要性≒オリジナリティ≒魅力

必要ではないもの。必要なものを挙げるよりも、難しいかもしれない。
必要でないのに、存在するわけですから。
誰にとって必要なのか。この条件を付け加えてやれば、挙げるのは簡単です。
ということは、私にとって必要なものでも、あなたにとっては必要ではないものが存在します。
逆に、私にも、あなたにも必要なものもあります。

誰にも必要とされるもの。
そのランキングがあるなら、見てみたいと思いませんか。
そのランキングの最下位にあるものは何なのでしょう。

そんなことを考えていると、まるで必要なものだけが存在しているような感覚になります。
まったく誰にも必要とされないものが、いくらでもあるはずなのに。

抽象的になってしまいました。
ここでいろいろな質問を書いてみましょう。

スペースシャトルは必要ですか?

砂漠は必要ですか?

活断層は必要ですか?

排気ガスは必要ですか?

カプチーノは必要ですか?

ふとん乾燥機は必要ですか?

夢は必要ですか?

あらゆるものに、必要かどうかを聞いてみるというのは、面白いと思います。そうすれば、自分にとって必要かどうかという主体性というものが、なんとなく分かってくるような気がしませんか。そして、私のように主体性がよくわからなくなってしまったような人間ができるのは、いろいろな情報が手に入り、影響を受けるようになる時代になっているからだと思うのです。近所のスーパーの安売りよりも、テレビの向こうの芸能人の色恋沙汰のほうが気になるという人がいてもおかしくないのです。

そうした飽和な情報の中で、自分はコレだ、と取捨選択するしか、主体性をもつことがなくなってきます。すると、パーソナリティはどんどん平均化されて、画一化されていくような気がします。人は、選ぶことしか能力がなくなっていって、自己表現をしたり、新しいものを生み出す力が衰えていく。これが、経済的な成長をしなくなっていくような原因になっているとすれば、なんとも因果なものでしょうか。

必要ではないものを考えていけば、オリジナリティとはなにかに行き当たる。
オリジナリティは、「私に必要でも、あなたには必要でない」というものを増やしていくことから始まる。
増えていって、私のオリジナリティが認められるようになれば、あなたにも必要になるかもしれない。
それが魅力といものの姿なのだろう。

無いものが欲しい。手に入れてしまえば、要らなくなる。
それでもオリジナリティをゆるがせず、必要とされ、存在するものが魅力の正体だとすれば、主体性の無い俺に魅力がないことが納得できる。
自分の魅力を上げるには、人と違うことをするのが手っ取り早いのだろうけど、けっこう難しいぞ!

« 短編小説のレシピ(阿刀田高) | トップページ | ジャパン・プレゼンテーション―世界に伝わる広告表現スキル(杉山恒太郎) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/8651392

この記事へのトラックバック一覧です: 必要性≒オリジナリティ≒魅力:

« 短編小説のレシピ(阿刀田高) | トップページ | ジャパン・プレゼンテーション―世界に伝わる広告表現スキル(杉山恒太郎) »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ