« まこと家 | トップページ | 必要性≒オリジナリティ≒魅力 »

2007年11月 5日 (月)

短編小説のレシピ(阿刀田高)

短編小説のレシピ (集英社新書)
阿刀田高

買ったきっかけ:
ストーリーをつくる人、つくる極意を知りたいと思っていました。物語ることを理解して、自分も物語ることがうまくなれば、会話もプレゼンもうまくなる気がしたのです。書店でこの本を見かけて、そうだ短編小説ならノウハウが詰まってそうだ。それに有名な小説家の作品もよく知らないし、教養にもなる。これはいい。そう思ったのがきっかけです。

感想:
期待していたとおり、小説家がどういうスタンスで執筆しているのかを教えてくれました。指南書ではなくて、実在の小説家(故人ばかりですが)が書くときに、おそらくこういう発想をし、こういうことに影響されたんだろう、ということを書いてくれています。

おすすめポイント:
前に書いた「インタラクティブの流儀」と似ていて、作家がどういう世相や環境に生まれ、どう思っていたか、何に影響を受けたかという視点で描かれています。そのバックグラウンドとともに、筆者が小説家でもあるため、同業者という立場からの視点でも語ってくれています。これはけっこう貴重な本だと思うなあ。

« まこと家 | トップページ | 必要性≒オリジナリティ≒魅力 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/8764952

この記事へのトラックバック一覧です: 短編小説のレシピ(阿刀田高):

« まこと家 | トップページ | 必要性≒オリジナリティ≒魅力 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ